• 当院のご案内
  • 外来診療のご案内
  • 在宅医療のご案内
  • よくあるご質問
  • アクセス
  • おしらせ
  • お問い合わせ

新型コロナ感染対策について

新型コロナ感染対策について

新型コロナ対策のため患者さんへご協力のお願い

 

今後の新型コロナウィルス感染症の流行拡大を鑑み、適宜十分な感染予防策や安全管理の処置を講じたうえで、診察を継続していく予定です。院内感染やご家庭へのウィルスの持ち込みを心配される方も多いか、と思われます。皆様が安心して当院を受診できるようにご協力いただいております。ご不便をおかけいたしますが、宜しくお願い致します。

 

【外来診療について】

 

風邪などの症状の場合

まずは自宅での安静をお願いし経過観察することとなります。

直接ご来院の前に出来るだけ、お電話でご相談くださいますようお願いいたします。

 

新型コロナウィルス感染症の疑いがある場合

・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上ある。

(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)

・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。

・味や匂いの異常がある。

・過去14日以内に海外渡航歴がある。

・ご家族や職場に発熱や風邪症状の方がいる。

電話相談センターに電話で相談し、指示を受けていただきますよう、よろしくお願いいたします。

①    平日/健康福祉センター(保健所)の帰国者・接触者相談センター

健康福祉センター(保健所)の帰国者・接触者センターの受付時間 午前9時から午後5時まで

印旛健康福祉センター (印旛保健所) TEL 043-483-1466  FAX 043-486-2777

印旛健康福祉センター (印旛保健所)/成田支所 TEL 0476-26-7231  FAX 0476-26-4760

②    平日の時間外(午後5時から午前9時まで)、土曜日、日曜日、祝日/受付

電話相談窓口(コールセンター)0570-200-613

 

患者さんへのお願い

風邪の症状や37.5℃以上の発熱があるときは診察までお車での待機をお願いいたします。

徒歩でご来院の方は、大変申し訳ございませんが診察の順番までご自宅で待機をお願いすることがございます。診察やお会計も別室やお車でお願いいたします。

また、「コロナウィルスに感染していない」、「コロナウィルスに関する症状がない」旨の診断書の作成・発行についてもできかねます、ご了承ください。

 

感染症対策の取り組みについて

・スタッフの毎朝検温とアルコールによる手指消毒、マスク着用を徹底します。

(ときに手袋、ゴーグル、ガウン等による感染防護具を着用することがあります) 

・慢性疾患で当院かかりつけ患者さんへ直接対面診療なしで処方箋発行をします。。

・院内の混雑緩和(患者さん同士の距離を設ける)を心がけます。

・電話・Eメール・LINE(Air WAIT)でのお呼び出しサービスを実施します。

 

 

【訪問診療について】

 

つかだファミリークリニック 訪問診療 訪問看護 訪問リハビリテーションの行動指針

・感染予防の標準手順を守ります。

・診療・看護・リハビリを行う場合は、原則として、手袋、マスクを着用します。(口腔ケアの場合は、これに加えゴーグルまたはフェイスシールドを着用し、飛沫に注意します)

・終了後も必ず手指消毒を行います。患者さんごとの消毒を徹底します。

・自らの体調管理に努めます。毎日の体温測定の励行など常に自らの体調に注意を払います。

・感染の危険性を常に自覚し、仕事の時間外も責任のある行動に努めます。

・発熱がなくとも、体調不良(せき、倦怠感、味覚や嗅覚障害等)の場合は、院長/管理者と相談のうえで診療・看護・リハビリに従事しないこととします。

・患者さんやそのご家族に感染の疑いがある等の場合を含め、常にチームで情報と取り組みを共有します。医師がチーム全体の感染管理・感染予防に責任を持ち、情報提供や助言を行います。

・従来通りのサービスが行えなくなった場合が生じても、患者さんに寄り添い、情報提供や相談対応に努め、在宅生活を支えていきます。

 

 

患者さんへのお願い

同居のご家族に、発熱や、発熱がなくとも体調不良(せき、倦怠感、味覚や嗅覚障害等)がある場合は、直接の介護はなるべく行わないでください。やむを得ず患者さんの介護を継続しなくてはならない場合は以下にご注意ください。

①手洗いを必ず行い、手袋、マスクは必ず着用すること。②触れたものは必ず消毒すること。③定期的に換気を行うこと。④調理の際も、手袋、マスクを着用すること。⑤食器を別にし、食事は1人でとること

利用しているデイサービス等が新型コロナウィルス感染または感染疑いの影響で利用できなくなったときは、栄養や運動への配慮がおろそかになり、患者さんの心身の状態が悪化することも懸念されます。したがって、できれば、ケアマネジャーや当院スタッフに相談し、他の在宅サービス等で補完することを考慮してください。

 

当院の取り組みについて

患者さん、同居のご家族が孤立しないよう、その不安な気持ちに向き合うように心がけます。高齢者、がん患者、難病、障がい者、医療的ケア児者等への変わりない対応をするために、一層の情報共有・連携に努めます。特に新型コロナウィルス感染防御については、医療の立場から他の職種に助言をし、多職種の感染防御のためのチームワークを維持するよう努めます。

 

患者さんが発熱したとき

まずは当院へご連絡ください。

発熱診察に際して、保健所と連絡して帰国者・接触者外来に受診をする可能性があります。診察時、患者さんにはマスクを装着してもらいます。医師は標準予防策にくわえて感染防護具を着用する場合があります。診察前の手指消毒および診察終了時等の手指消毒を徹底します。訪問看護や訪問リハビリテーションの際には、主治医の診察を優先にします。

 

令和2年4月25日

つかだファミリークリニック 理事長 塚田雄大

 

内科・循環器科・消化器科・外科 つかだファミリークリニック 0476-26-4750
日/祝
午前 - -
午後 - -

診療時間
午前 9:00~12:30
午後 15:00~18:00
土曜日午後は14:00~16:00
.
休診日
木曜・日曜・祝日
.
所在地
〒286-0036
千葉県成田市加良部5-7-2
.
在宅医療訪問地域
成田市・富里市・酒々井町・八街市一部・印西市一部 等

一番上へ戻る